わんくま囲碁部であそびたーい!

中さんと懇親会で打つんじゃなくて囲碁のためだけに集まりたいねーなんて話をしてます。
囲碁やってる人囲碁に興味のある人あそびませんかー?
#とりあえず大阪か東京であつまりたいなーとか。
#どうせなら日本棋院いきたいよねーとか。

2件のコメント

  1. 今、けんぷ12巻読み終わって納得いかない終わり方に
    同じ考えの人はいないのかとネット泳いでたらここに来ました。Amazonの感想見てもほとんどおなじ感想の人が多いので、そうダロ?、そうダロ?、思いながら読んでました。こちらの管理人さんも同じ感想なので一人じゃないんだなぁ、と少しスッキリしました。3章当たりからこれほんとに最後まで書き終われているの?、まだたいして進展してないように思うけど?、明らかにページ数が足りないように思うんだけど?、と悪い予感があったのですが、そんなハズはないと思いながら読み進めていったのですが結局、当たってました。。゚(゚´Д`゚)゚。ページ数が足りないのならもうこの際、ケンプファーの謎については明かされなくても良いからせめてラブコメの方は納得できる終わり方で締めてほしかったです(まさか猛犬モードの紅音とは!)。まぁ、11巻では可愛かったですけど・・・にしても雫や水琴でもなんらおかしくなかった。むしろ結局誰にも決められずなし崩し的に全員が彼女扱いになって、振り回されつつもハーレム状態でも全然OKだったのに・・・。むしろそっちのほうが全然よかった自分的には。なのに紅音(猛犬モード)・・・・これでは紅音が消滅するから可愛そうなので告白しました、みたいな風にも見える。紅音(猛犬モード)の立場がもし、雫や水琴でもナツルは告白したんじゃないだろうか?しかも、紅音(猛犬モード)が消えてそれで残り3人がスタートラインに戻った思えば今度は紅音(変身前)とくっついたという、なぜ?取って付けた感がどうしても残る終わり方でした。今までが面白かったから余計に残念で、ガッかりでした。

  2. コメントありがとうございます。
     たまにしかコメント付かないblogなので超うれしいです。
     もうちょっと変身前紅音を好きになってて欲しかったですね。変身前と変身後どちらをとるか悩む程度に。それなら変身後紅音からも頼まれてるのでそう不自然ではなかったと思います。
     何というか作者の中で付いている決着を書き切れていないんでしょうね。書けているつもりで書けていないことは往々にしてある事だと思います。
     編集さんが指摘すべきなんですが、編集さんも事前に終わらせ方を議論したでしょうから読者から見えてない部分がわからなくなっていたのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA