マンガ版獣の奏者がかわいすぎる

長月はマンガが大好きです。たくさん読んでます。

たくさんあっていちいちblogには書かないんですが、今回は読後感がよいのでちょっと書いてみます。

今回紹介するのは上橋菜穂子さんの獣の奏者のコミカライズ版第二巻です。

NHKでアニメが放映されていて割と名前が売れている作品だと思うのですが、本作品は上橋原作の他メディア展開版の中では一番のお気に入りです。

藤原カムイさんの精霊の守人コミカライズ版もすごかったんですが、本作は同様に「広く」てすごいです。さらにエリンがかわいい。すごく子供らしさが出てます。

獣の奏者序盤では生き物に興味津々で子供らしくかわいらしいエリンが大きな見所ですが、その見所をマンガらしい形で表現出来ています。

アニメ版が正直あんまりかわいくなかったのでその分マンガ版でかわいいエリンを堪能してます。

アニメ版をちょっと見てやめた人も一度読んでみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA