あなたは○○を信じますか?

 TRUSTe、「信用できるソフトウェア」だけを認定する制度を開始より。
 いい動きですね。
 こうやって第三者機関が保証するって割と大切です。
 でも逆に言うとそれほど酷い状況になってきたって事なんですよね。
 そして今までにあった保証機構が働いてない証拠でもあります。
 例えば電子署名なんてのがありますよね。べりサインとかです。あれも今回と技術とか保証範囲は違いますけど審査機関です。
 電子署名が無効とは言いませんが思ったほど効果を上げてい無いからこその今回の動きなんだろうなと思います。
 だって電子署名ウザいからちゃんと読まないですよね。適当YESな人も多いですよね。詰まりUIと言うか運用の問題です。
 そう言うヒューマンインターフェイスの部分工夫しないと今回も同じ轍を踏んで終わるんでしょうね。
 それに審査が基本的にスポンサー企業から始めるのも問題でしょうね。スポンサー企業の色にそぐわない物は通らないって事でもありますから。
 何かを何らかの機関を通して保証する以上作為的な偏りは仕方ないというか、そもそもやってる事自体作為的に偏らせる事なので仕方ないんですが、それでも信用に足る物がスポンサー企業の利害で排斥される可能性が無いと言い切れないのは問題でしょう。
 スポンサー企業自体の信用に関わる事なので、そうそうそういった事は起こらないんでしょうが、巧妙に世論を煽りつつそれをする企業も出てくるんでしょうね。
 まあしばらく見守ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA